髪の毛が生えるメカニズムを知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

育毛をする上では、毛の発毛サイクルについて予め知っておくべきでしょう。

まず前提として、毛というのは一度抜けても正常な身体であれば再び毛が生えてきます。
髪の毛でなくとも、鼻毛や耳毛、眉毛などをイメージしてもらえると分かりやすいでしょう。

髪の毛の発毛サイクルは「成長期」「退行期」「休止期」の3段階に分かれていると言われています。
各段階ごとに見ていきましょう。

髪の毛の発毛サイクルを段階別に解説

髪の毛の成長期について

いわゆる毛が生え、伸びていく状態のことを指しています。
毛根にある毛母細胞の分裂によって髪の毛が生まれ、3年~6年という長い時間をかけて成長していきます。

育毛を考える上ではこの成長期が最も大切です。
生活習慣や老化などの様々な外部要因によって成長期が短くなることにより、生えてくる毛よりも抜ける毛の方が多くなるという事態を引き起こします。

これがいわゆる”薄毛”の状態です。

髪の毛の退行期について

成長期が終わりに近づくと、次は毛の退行期に移ります。

毛乳頭が萎縮することで、髪の毛を生んでいた毛母細胞の分裂が止まります。
そして、萎縮した毛乳頭を置き去りにする形で徐々に毛根が表皮側へと移動していくのです。

※毛乳頭・・・毛母細胞に栄養や酸素を届ける役割を持つ組織

この退行期の期間は約3週間と言われています。

髪の毛の休止期について

退行期が終わると、次に休止期に移ります。
この休止期になると、毛母細胞も毛乳頭細胞も完全に活動が止まります。

この休止期の期間が最も髪の毛が抜けやすい時期で、シャンプー後に抜け毛が多い時があるのは、休止期のサイクルである可能性が非常に高いからというわけですね。

休止期の期間は3~6ヶ月と言われており、この休止期が終わりに近づくと、退行期に萎縮していた毛乳頭が表皮側に引き寄せられます。すると、皮脂腺の下側にある膨隆部の付近にある幹細胞が毛母細胞に変化し、近づいてきた毛乳頭を包み込みます。そして新たな毛球が形成され、新しく毛の成長が始まる(=成長期へと移る)のです。

通常は休止期→成長期に移行した毛の太さというのは前回の周期の太さとほぼおなじなのですが、ハゲが近づくと再生された毛が以前よりも徐々に細くなります。
これがAGAや加齢による脱毛の話に繋がるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。