AGAとは何?分かりやすく解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

AGAとは、「AndroGenetic Alopecia」を略したものです。
日本語に直すと”男性型脱毛症”…つまり成人男性によく見られるハゲの症状ということです。

30歳を越えてからの薄毛や抜け毛の原因は、ほとんどがこのAGAであると言われています。

そんなAGAにも種類があり、ハゲ始めた年齢によって

  • 若年性脱毛症
  • 壮年性脱毛症

と区別することができます。
厳密にはAGAとは別のものとなるのですが、「老人性脱毛症」も存在します。

若年性脱毛症とは

若年性脱毛症とは、名前の通り10代~20代の若い男性がハゲる時の症状です。
(いわゆる「若ハゲ」です)

身体の他の機能はまだまだ老化していないにも関わらず、育毛や発毛にとても重要な働きをする毛母細胞が正常な働きを失うことにより、頭頂部や髪の毛やおでこの生え際が細く・薄くなったり、抜け毛が増えてきたりするのが若年性脱毛症の始まりです。

壮年性脱毛症とは

壮年性脱毛症は、加齢によるハゲの進行の症状のことを指しています。

30代~50代の男性がハゲ始めた場合、ほとんどがこの壮年性脱毛症と区別されています。
つまり、絶対数として若年性脱毛症よりも壮年性脱毛症にかかる人が多いんですね。

いわゆるこの年代の男性は、働き盛りでストレスも溜まりやすい時期でもあり、加齢も加えてハゲのリスクが非常に高まる時期でもあります。

老人性脱毛症とは

60歳を越えたあたりになると、毛細胞全般の機能が著しく衰えます。

「50代まで何とかハゲずに済んだ!」という人でも、この時期から急激に頭頂部が薄くなり始めることは珍しくありません。
60歳以上の老化によるハゲの進行のことを老人性脱毛症といいます。

髪の毛だけでなく全身の毛という毛が薄くなっていくのが特徴ですが、ここまでくると、人間誰しも逃れられない「老化」の域なので人間の体としてはある意味正常なものなんですよね。

この老人性脱毛症だけは最初に「厳密にはAGAとは別」と書きましたが、それは老人性脱毛症は男性だけでなく女性にも訪れる老化の症状であるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*