ハゲ治療の全て | あなたのハゲを治す方法

ハゲ治療に悩むあなたに治す方法を伝授する!をコンセプトにしたサイトです。

このサイトに来たということは、ハゲによって蔑まれ、見下され、異性関係などに苦しんできたのではないですか?
ハゲじゃない人には決して分からないこの苦しみは、筆舌に尽くしがたいものがありますよね。

見苦しいハゲ頭

かつて管理人も、そのM字っぷりから「ベジー◯みたい」と言われました。
ハゲに苦しんだことで本気で薄毛のことを学び、治療に成功して人並みに戻った管理人が、育毛剤やシャンプー、クリニックなどのAGA治療のオススメ方法や、ハゲの原因や予防策などについても語ります。

ハゲ治療のために管理人が行ったこと

ハゲ治療のために管理人が主に行ったことは以下の通り。

  • シャンプーを変える
  • 育毛剤を使う
  • ドライヤーの使い方を変える
  • 性処理回数を減らす
  • 食事を変える

この5つです。クリニックや病院には行かずに治療しました。

治療後の評価は上々

ハゲ治療について調べていた人にとってはあまり目新しい方法ではないかもしれませんが、継続することで管理人の髪がまた生えるようになって「ねぇあの人ハゲてない…?」と陰口を叩かれることもなくなった(多分)のも事実です。

まずはこの5つについて解説していきますね。
各コストについても載せているので、自分の財布と相談しながら真似するかどうかを決めると良いでしょう。

ハゲ治療に良いシャンプーとは

まずは今まで使っていたシャンプーをポイッと捨てました。

市販のシャンプーは危険

調べてみると、市販のシャンプーには女性向けの化粧品などにも含まれる合成界面活性剤というものが含まれています。
この合成界面活性剤は、髪の毛の主成分と言われるケラチンにダメージを与えると言われており、洗髪の際に頭皮の深いところまで浸透することで、毛を生やすために本来必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の組織ごと破壊する危険性があるのです。

よって、髪の毛や頭皮の汚れを取るために日頃我々が使っていた市販のシャンプーは、逆にハゲるリスクを高めるという罠が潜んでいたのです。

では管理人はどうしたのかといいますと、界面活性剤の中でも最も刺激が少なく髪に優しいと言われるアミノ酸系の界面活性剤が含まれたシャンプーを使うことにしました。
それも、育毛のためのシャンプーとして定評のあるやつです。

実際に使ったシャンプー

チャップアップシャンプー

条件を満たすシャンプーはいくつかありましたが、実際に使ったシャンプーがこちら。
チャップアップというシャンプーです。

当然、上で述べた低刺激のアミノ酸系界面活性剤が使われていることは前提で、チャップアップの場合はそれにプラスして頭皮や頭髪の環境を改善するために、カンブリエキスやグリチルリチン酸ジカリウムなどの植物系成分やオーガニック成分が合計30種類以上含まれています。

何より、万が一合わなかった時の返金保証が付いているというのがありがたいですね。

コスト:市販のシャンプー1,100円 ⇒ チャップアップ3,280円
(大体一ヶ月くらいで一本使い切ります)

正しいドライヤーの使い方

強い温風で乾かすのはダメ

今まで、お風呂から上がったらバスタオルで髪をゴシゴシと拭いて水分を払い、ドライヤーの強い温風で髪を乾かしていました。

ですがその方法の場合、髪と頭皮にダメージを与えてしまうことが分かったんですね。

そこで髪の乾かし方を変えました。まずタオルで拭くときにゴシゴシと拭くのではなく、そっと優しく頭に当てがうようにして水分を払います。

弱い温風をまず使う

次にドライヤーを使うのですが、強い温風ではなく弱い温風で乾かすようにして下さい。
強い熱の方がもちろん髪は乾かしやすいですが、熱によって頭皮にダメージを与えるのです。

同じ理由で、弱い温風で乾かす際もドライヤーを近づけすぎず、同じ場所に当て続けないようにするといった注意が必要です。

最後は冷風で仕上げる

そして、ある程度髪が乾いてきたと思ったら、最後はドライヤーの冷風を使います。

この冷風が意外にバカにできない工程なんです。
髪を温風で乾かすにしろ、放っておいて自然乾燥させるにしろ、そのままだと髪の毛の外側にあるキューティクルが開いたままになってしまい、髪の毛にダメージを与えることになってしまいます。

よって、最後に冷風を当てることで、キューティクルを戻して髪の水分の蒸発を抑えるようにするのです。

髪に優しいドライヤーとかいうのも最近はあるようですが、正直普通のドライヤーでも充分でしょう。
その分のコストは別に回すべきです。

コスト:0円
(今のドライヤーをそのまま使用)

育毛剤を選ぶポイント

AGAクリニックには行かずにハゲを治療すると決めていたので、育毛剤は必須でした。
とはいえ育毛剤も、調べてみると色々な種類があるんですよね。

ここで管理人が重視したポイントは「安心感」です。

育毛剤は安心感を最重視

これだけ育毛の研究が進んでいるんだから、相当ハズレを引かない限りはどれ使っても効果に関してはそこまで変わらないと思ったんですよね。
よって副作用リスクがありそうな添加物が含まれておらず、実際に使っている人が多く、高すぎない価格帯。更に返金保証もあると尚良しという”自分が使う上での安心感”を重視していました。

実際に使った育毛剤

チャップアップ育毛剤

安心感をポイントに管理人が探し、実際に使った育毛剤がこちら。
チャップアップという育毛剤です。

…あれ?

なんか同じ流れをシャンプーの時にもしましたね。

そうなんです、チャップアップというブランドはシャンプーだけでなく育毛剤も出しています。
元々、先にシャンプーを使っていて「お、これ良さげじゃん」というイメージをもっていたという点は否めませんが、

  • 最近注目されているM-034(海藻エキス)などの有効成分が40種類以上含まれていて、
  • 無添加かつ無香料で作られていて、
  • Yahooや楽天などの大手通販サイトで最も売れている育毛剤であり、
  • 8,000円~10,000円するような育毛剤が多い中で7,000円代という値段の安さ、
  • かつ全額返金保証がある

というチャップアップ育毛剤の特徴は、他の育毛剤と比べても管理人が求める「安心感」を満たすものとして一番のものでした。

コスト:7,400円
(大体一ヶ月くらいで一本使い切ります)

射精回数を減らす理由

これは男性限定の方法ですが、まぁぶっちゃけると禁欲ですよね。

亜鉛不足はハゲの元

射精をすることで亜鉛やタンパク質が放出されるのですが、この亜鉛やタンパク質は髪の毛にとっても必要な栄養素です。
よって、射精をし過ぎてこれらが不足してしまうことがハゲの一因となるのです。

以前、ある有名なAV男優がテレビの密着取材の時に亜鉛サプリを摂っていましたが、このことを知って納得しました。

上記を理由にハゲ治療に禁欲を勧めているサイトはいくつもあるのですが、逆に完全なる禁欲というのも良くないです。ずっと射精をしていないことで、テストステロンというハゲの原因にもなる男性ホルモンが大量に分泌されるからです。
あと単純な話、完全に禁欲することでハゲの大敵『ストレス』を感じる人もいますからね。

結論としては、週に1~2という頻度に射精を抑えることにしました。
「元々それくらいだったわこの野郎」という人は、そのままのあなたでいてくださいね。

コスト:0円
(オカズ分でちょっと浮く可能性あり)

食事において気をつけるべき2つの点

ハゲ治療にあたり普段の食生活も見なおすことにしたのですが、その際に注意した点が2つ。
「髪に良い栄養素を含む食べ物を意識すること」と「食べ過ぎないこと」です。

髪に良いとされる栄養素と代表的な食べ物

髪に良いとされる栄養素には

メチオニン・・・髪の毛を構成する「ケラチン」の素になる
イソフラボン・・・薄毛や抜け毛を抑える
亜鉛・・・ケラチンを合成する
ビタミンB2,B6・・・タンパク質の分解や代謝を促進する

が主に挙げられています。

それぞれの栄養素が含まれる食べ物を以下に記載しました。

栄養素食べ物
メチオニンしらす干し、鰹節、マグロやカツオやブリなどの生の魚介類、黒ゴマ、大豆製品など
イソフラボン納豆、豆乳、きな粉、枝豆、豆腐などの大豆製品
亜鉛牡蠣、レバー、チーズ、納豆、卵、赤身の牛肉など
ビタミンB2,B6レバー、納豆、うなぎ、ナッツ類、ブロッコリー、ほうれん草、牛乳など

納豆はハゲ治療にオススメ

これらの食べ物を意識的に食べるようにするのですが、特に納豆は、髪に良いとされる栄養素を豊富に含んでいるために非常にオススメです。

私なんかハゲ治療に取り組んでいた時は、ほぼ毎日の晩ごはんに納豆が入ってました。
ご飯にかけてもいいし、パスタに混ぜるのもあり。野菜と混ぜるのもいいですね。

おかげで納豆レシピにはめっちゃ詳しくなりました。

過分な栄養摂取は逆に髪にダメージが!?

食事の内容の改善もそうですが、食事の量にも気をつけました。
今まではお腹の求めるまま満腹に近いところまで食べていましたが、カロリーや塩分を摂取し過ぎると肝臓などの働きを弱らせ、髪に血液が行き渡りにくくなります。

できれば外食を避け、腹八分目くらいに抑えることが理想ですが、仕事をしているとどうしても外食に頼らざるを得ない場合もあります。

そんな時は、できるだけ脂っこいものを避けて食べる量を意識的に少し減らすようにしていました。
食費も抑えられてダイエットにもなるので、一石三丁ですね。

コスト:月-3,000円くらい
(外食と食べる量減らした分でマイナス)

AGAクリニックの費用と比較すると…

ここまで挙げた5つのことを実践すると、3,280円+7,400円-3,000円で月8,000円くらいの出費です。
AGAクリニックに行く場合の月額相場が2万円~3万円なので、半分以下にはまず抑えられますね。

月3万も支払える?

正直、月2万~3万ってキツくないですか?

お金がある人なら別にいいかもしれないですけど、一般的な給料のサラリーマン家庭にはかなり躊躇う金額でしょう。

実際に今回の方法でハゲ治療が上手くいったので、今になると早まらなくてよかったという思いです。

ハゲ治療を実践してからの経緯

シャンプーと育毛剤が揃い、本格的に実践を始めてからの記録をノートに残していました。
全部書くとあまりに長いので、抜粋して以下にまとめました。

<実践開始~2週間>

まず最初に髪質の改善効果が分かるようになりました。
髪へのダメージを抑えることで、残っていた少ない髪の毛にコシが出てくるようになったと感じ、実際に抜け毛が減ってきました。

<実践開始から3ヶ月>

この頃から育毛剤の効果、つまり髪の毛が生えてくるようになりました。
野ざらしになりかけていた地肌が隠れるようになり、今のやり方で効果が出ていることを初めてここで確信できました。

栄養摂取にも気をつけていたおかげか、爪の伸びが早くなったのもこの頃からです。

<実践開始から9ヶ月~現在>

7ヶ月目を超えたあたりから、髪型をセットすることで薄い部分が完全に隠れるようになりました。
知人や同僚から「あれ、髪増えた?」と言われるようになったのもこの頃です。

ここまでくれば後はもう続けるのみ!
9ヶ月半くらい経った頃で、「あっこれもう完全に治療できたわ」と感じ、育毛剤の購入をストップしました。

今は、ハゲ予防として対策を行っています。

ハゲ治療を成功させるために大事なこと

髪の毛が生えてくるようにするためには、髪質を改善するなどでまずは下地を作る必要があります。
最初の数ヶ月は、畑に水をやるような感覚ですね。

継続的に治療する

正直、ハゲ治療を開始した段階の髪質の良し悪しなどもあるので、髪が生えてくるまでの期間や改善効果には個人差がどうしても出てくるでしょう。
そんな中で大事なのことは「継続性」です。諦めず畑に水をやり続けないことには実るものも実りません。

少々の改善の兆しを見逃さないようにして、モチベーションを落とさずに継続できるよう頑張ってください。